2005年06月20日

・・・どーしようもないな・・・(今日のF1)

いやもうレースになってないんですよ!

何でこんな事に!


詳しい事は各所で書かれるでしょうから簡単に!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金曜日 シュー弟クラッシュ
    ミシュランタイヤに欠陥が有る事が判明
    新しいタイヤを取り寄せ

日曜日 タイヤは届く物の今年のルールで予選&本戦は同じ種類のタイヤしか使えないため交換出来ず
    FIAに特例を求めるも認められず
    
フォーメーションラップ直後ミシュランユーザーの全チーム安全性の確保が出来ないためピットへ(抗議も含め)そのままリタイヤ

そのままブリジストンユーザーのみでレース続行中(計6台)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

欠陥の有るタイヤを作ったミシュランに問題が有る!という見方も有りますが、それはまた置いておいてレースを成立させる努力が必要なんじゃないか?FIA
 以前にも書いたんですが、わざとドラマを演出するためのルール変更がすべての元凶になっている。

FIA側は、「これでトラブルが多ければレースが盛り上がる」なんてあまく考えていたんでしょうね!

しかし、チーム側としてはクラッシュするであろうと解っている車を走らせる訳にはいかないので特例を認めて貰わなければいけない、

そこに、今のチームとFIAの温度差があり、安全性の為のルール変更と言いながら全く安全性を確保出来ない不信感が募った結果が今回のボイコットに繋がったのでは?


とりあえずFIAが柔軟な対応をすればこんな事にはならなかってのでは?(後でペナルティーなりなんなり考えれば良い訳なので)

観客にとっては、あり得ないレースですね!こんなレースで高い入場料取られて返金もされないなんて(たぶん・・・)アメリカではF1人気地に落ちますね・・・


こんな時セナ、プロの鶴の一声でFIAも動かしたと思うんだよな〜?
マイケルも今のF1の行く末を考えた行動を期待出来ないかな〜?
「こんな危険な状況でレースは出来ない!タイヤ交換を認めるべきだ!」なんてFIAやフェラーリを動かしてくれたらかなり評価上がっちゃった所なのにな〜残念!

FIAはこれ見よがしにミシュラン勢にペナルティーを科さないで欲しいもんだ!
そしてまったく意味の無いタイヤに関するルールは変更するべきだ。

FIA


あまりの事に乱筆になってしまいました、ご了承下さい。

次戦はまともなレースを希望します。

そして琢磨がんばれ!











posted by K at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(2) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4475681

サッカー勝った!&F1は、??でもないことが!
Excerpt: <B></B> 去年のEUROで優勝してるギリシャ相手に、勝てないと思ってたよ。 しかぁしふたを開けてみりゃ。。。 なに?日本が超押せ押せムードだったし!! 前半は、もう、チャンスの荒らしだったよねーきまらんか..
Weblog: どらテキトー?な、blog。
Tracked: 2005-06-20 04:08

F1世界選手権 第9戦アメリカGP 決勝 ミナルディ表彰台逃す!
Excerpt:  2005年F1世界選手権第9戦アメリカGPの決勝が19日、インディアナポリス・モータースピードウェイで行われ、フェラーリのミハエル・シューマッハーが今季初勝利を飾った。金曜日から問題となっていたミシ..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-06-20 06:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。